1. ホーム
  2. エドワード7世銀貨
  3. ≫エドワードⅦ世シリング銀貨

エドワードⅦ世シリング銀貨

こんにちはエドワード7世コイン情報館です。今回は1902年〜1910年に発行されたエドワードのシリング銀貨について書いて行きたいと思います。

エドワードⅦ世シリング銀貨

エドワードⅦ世シリング銀貨エドワードⅦ世シリング銀貨

1902年エドワードⅦ世シリング銀貨です。KM#800、重量は5.655g、直径23.5mmとなっております。表面にはエドワード7世の肖像、裏面には王冠とライオンが描かれておりこれ以前のビクトリア(ベールヘッド)シリング銀貨とデザインが異なります。


(カタログより引用)
発行枚数は全体的に多いですが1905年の発行枚数のみ488000枚と少なく、現存数も少ない事からカタログ価格、実勢価格共に高額となっています。プルーフについてはマットプルーフで1902年に発行があります。5ポンド金貨、2ポンド金貨等と合わせた1902年エドワード7世プルーフコインセットはコレクターも多く価値が高いです。

エドワードⅦ世シリング銀貨の市場価格

エドワード7世のシリング銀貨は国内でも数多く取引されています。ハイグレード品としては2014年11月にPCGS鑑定済みPR63が4.6万円、PR60が2.5万円で取引されています。

海外市場では1905年の特年コインが取引されておりPCGS鑑定済みMS63(未使用)が2016年に4000USD(約50万円)で取引されています。また、1909年のMS65(完全未使用)が1700USD(約21万円)で取引されています。

エドワードのシリング銀貨は発行枚数が多いですがハイグレード品(MS65以上)は滅多に市場に出なく希少です。

エドワードのアンティークコインは1902年のプルーフ金貨をコレクションする方法や他の英国王と合わせたクラウン銀貨や5ポンド金貨をコレクションする方法など様々な方法があります。

他の英国王のコイン同様、MS65(PF65)以上の完全未使用クラスのコインでは当時の発行枚数が多かったとしても現存数が数十枚以下と少なく長期的に値上がりする可能性が高いのでアンティークコイン投資としてもお勧めできます。今回の記事がコインコレクションの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク